終活コンサルタント吉川美津子の終活コラム「暮らしづくり 終活:吉川美津子の終活コラム」

平成25年度の都立霊園が募集開始されました!

都立霊園の魅力

都立霊園の魅力  都立霊園とは、東京都が管理・運営する公営の霊園になります。現在、青山霊園、谷中霊園、雑司が谷霊園、染井霊園、多磨霊園、小平霊園、八柱霊園、八王子霊園の8カ所あり、多くの政治家、財界人、著名人が眠っています。
 都営霊園の魅力はなんといってもその立地。交通アクセスの良さに加え、緑が豊かで都心のオアシスのよう。価格(永代使用料)は、決して安くありませんが(区画が広い分むしろ高め)、年間管理料が安いうえ、公営という安心感もあって求めたい希望者は多いのですが募集は年に1度だけ、しかも高倍率とあって、当選するのは至難の業といわれています

平成25年度の募集について

 都立霊園申し込みについては、都内に5年以上継続して居住していること(3年以上の霊園もあり)、手元に遺骨があることなど、各霊園の申し込み条件をクリアした人なら誰でも申し込みができます。

 平成25年度の都立霊園の募集数は4544です。例年は2000~3000の募集ですから、募集数は増えたように感じますが、そのうちの一般埋蔵施設は964ヶ所にすぎません。期限付きの収蔵・埋蔵施設が180ヶ所。その他の3400は合葬埋蔵施設(※)、つまり、ひとつのお墓に多くの方々の遺骨を共同埋蔵する施設になります。


※合葬埋蔵施設の中には、使用許可日から20年保管後に共同埋蔵する「一定期間後共同埋蔵」と、納骨時速やかに共同埋蔵する「直接共同埋蔵」があります。

応募をする際に心得ておきたいこと

○費用の概算を考えておく
 公営だから永代使用料はリーズナブル、というわけではありません。区画が広い分、八柱霊園を除いて永代使用料はすべて100万円超。青山霊園にいたっては、400万円以上、高いところでは1600万円も永代使用料がかかります。区画が広いとその分使用する石材の量が多くなるので、墓石代と工事費が余計に加算される点も考慮しておく必要があります。

 ちなみに過去の例でみると、永代使用料が安い区画はどこも高倍率、区画面積が広く使用料が高めの場合は倍率が低くなる傾向があります。

○石材店は選ぶことができる
 都立霊園は特定の業者を指定されることはありません。自由に石材店を選ぶことができます。しかし細かい設計上の規定や、地域による違いもありますので、あまり遠方の石材店ではなく都営霊園の特徴や地盤を熟知した石材店が無難です。当選してから守らなくてはいけない条件は「許可を受けた日から3年以内に埋蔵すること」。少し時間がありますので、使用する石材やデザインなどを見比べながら、数社をじっくり比較検討してみてはいかがでしょう。

○募集区画は過去に遺骨のあった場所
 応募する際、自分で区画を選ぶことができません。抽選で当選した人から区画面積の広い順に、同一面積の場合は区画番号の小さい順に割りあてられます。
 現在募集している都立霊園の区画は、基本的に再販です。以前誰かが使っていた場所を整理し、大きい区画の場合は分割して数を増やして販売しています。過去にどのような人が埋葬されていたかわからないので、そういった点に抵抗のある人は避けたほうが良いでしょう。


 抽選は毎年8月下旬に都庁で行われます。公開抽選なので誰でも会場内に入ることができます。抽選方法は2011年からコンピューターを導入。ルールに従った抽出方法により当選者を決定します。これにより3日かかった抽選が1日で終わるようになりました。

バックナンバー

一覧へ >