終活コンサルタント吉川美津子の終活コラム「暮らしづくり 終活:吉川美津子の終活コラム」

いつまで?私も対象? 「喪中(もちゅう)」の期間と範囲とは

この季節になると気になるワード「喪中」ってなに?

この季節になると気になるワード「喪中」ってなに?  近親者が亡くなったとき、一定の期間、身を慎むことを「忌中(きちゅう)」「喪中(もちゅう)」といい、服する期間のことを「忌服期間」「服喪期間」といいます。「忌中」と「喪中」同義で使われることもありますが、現代では基本的には別物として捉えられています。


 忌中(忌服期間)とは「穢れ(ケガレ)である死を忌む期間」。習俗から端を発した神道の考え方のよるもので、昔は忌中時(五十日)は、出仕(仕事)を控え、殺生をせず、神社に参拝してはいけないとされていました。昔の人にとって忌中は、死という事実を受け止めるための大切な期間であると同時に、死の世界への恐怖を沈める期間だったのかもしれません。
仏教の場合、満中陰を迎えるまでの四十九日間は生と死の狭間に居る中有期間を「忌中」と捉え、四十九日法要を終えて忌明けとします。(浄土真宗の場合は「忌中」「喪中」という言葉を使いませんのでご注意を)

 一方、「喪中」(服喪期間)は、「死者を偲ぶ期間」のこと。忌明けを過ぎて半年~1年くらいを「喪中」とする人が多いようです。

喪中の「期間」と「範囲」とは?

 年末になると、「私は喪中ハガキ(年賀欠礼状)を出すべき立場でしょうか?」といった内容の問い合わせが多くなります。いったい喪中期間とはどれくらいを意味するのでしょうか?

 過去を遡れば、喪中の規定に関する法律は奈良時代の「養老律令(ようりょうりつりょう)」にはすでにみられ、江戸時代になると「服忌令(ぶっきりょう)」、さらに明治時代にも大政官布告により服喪に関する規定がなされています。余談ではありますが、この時代の服喪期間には男尊女卑がはっきり現れていて、例えば、妻は夫が亡くなった場合には13カ月喪に服さなければならないのに、夫が妻を亡くした場合は90日でOKなど、現代の女性からはかなりブーイングが出そうな内容となっています。 現代では法律上での定めがないため、こういった過去に制定された法律や、経験や慣習を参考に、各自の判断を決められているのが実情です。一般的には下記のように認識されています。

< 亡くなられた方との関係と該当する期間 >

・父母、養父母、義父母……12カ月~13カ月
・子供……3カ月~12カ月
・兄弟・姉妹……30日~6カ月
・祖父母……3カ月~6カ月
・祖祖父母、叔父叔母、伯父伯母……喪中としない


 故人と同居していたか、別居だったかによっても異なります。付き合いの度合いや各家庭の事情によっても異なりますので、この数字はあくまで参考程度としてください。上記の範囲に入っていなくても、当人の心の整理がつかず、時間を必要とするのであれば、「喪中」の気持ちで過ごしてもかまわないと思います。


バックナンバー

一覧へ >