終活コンサルタント吉川美津子の終活コラム「暮らしづくり 終活:吉川美津子の終活コラム」

都立霊園に当選した後の手順とは?

都立霊園に当選したらどうする?

都立霊園に当選したらどうする?  毎年競争率が高いことで知られる都立霊園。やっと当たってイザ建墓、となっても何から手をつけたらいいかわからない人がほとんどでしょう。都立霊園でお墓を建てるときの注意点やコツをお伝えします。

霊園の使用上の注意事項や制限などを確認

 当選した区画は、カロート(納骨室)も何もない更地の状態になっています。区画の種類は一般墓所、小区画墓所、芝生墓所などがありますが、それぞれ囲障(外柵)、石塔、高さ、植樹など制限がありますので確認しましょう。
原則的にひとつの区画に対してカロートは1つ、石塔(墓石)は1基となっています。こういった制限をもとに、どのようなお墓を建てたいかイメージしていきます。「イメージがわかない」という場合は、実際に当選した区画を見にいくだけではなく、他の霊園も見学に行っていろいろな墓石を見てみると参考になります。

石材店選びは、ぜひ複数社比較検討を

 公営霊園の最大のメリットは、「石材店を複数社、比較検討して選ぶことができる点」と言っても過言ではありません。民営霊園の場合はほぼ100%石材店が指定されていますし、寺院墓地でも指定されているところが多いため、比較検討することが現実的にはかなり難しい状況なのです。 少々手間がかかって面倒な作業ではありますが、せっかくのメリットは最大限に利用したいもの。霊園の門前にある石材店や、すでにその霊園での建墓実績のある石材店を中心に、イメージを伝えデザインや費用などを実際に相談してみると良いでしょう。 ただしあまり遠方の業者はオススメしません。お墓を建てるまでは良いのですが、連絡が取りにくかったり、トラブルが起きた場合の対処が雑になりがちです。

 なお、多くの石材店では都立霊園など公営墓地を希望する人向けに「申し込み代行サービス」を行っています。申し込み代行だけではなく、当落の確認をし、連絡まで入れてくれます。そういったサービスを利用した場合でも、必ずしもその石材店にお願いしなければいけないという決まりはなく、他社と比較検討することができます。

使用許可が取り消されないように注意!

 当選後は書類審査があり、期日に必要な証明書等の書類を提出・提示できない場合は失格となります。詳細は申し込みをする際に配布された「申込みのしおり」に記載されています。書類審査を通過したら、使用申請書を提出し、使用料・管理料を納めて使用許可証が交付される流れになっています。

 当選後、しばらく自宅で遺骨を保管していても大丈夫ですが、使用許可を受けた日から3年を経過しても申し込み遺骨を埋蔵・収蔵できないときは、使用が取り消されますから、遅くても三回忌(没後2年)までの建墓を目安に考えておくと安心です。契約してから建墓まで2~3カ月見ておいた方が良いので、期限が迫っている場合は特に要注意です。

   2014年4月、消費税が8%に増税されますが、墓石や工事費にも消費税がかかりますので建墓を考えている人は今がチャンス!3月末までに引き渡し完了することが消費税5%のままでよい条件ですから、早めに計画を立ててみてはいかがでしょう。

補欠だった場合

 当選者が辞退したり、書類審査で失格となった場合には、補欠順位の上位から繰り上げ当選となります。繰り上げ当選の場合は順次通知されますが、翌年の1月末日までに連絡がなかった場合には落選となります。(2013年度は10月に第一回繰り上げ当選の発表が行われています。次回は12月中旬、1月下旬を予定)
 次年度も都立霊園を検討する場合には、再び申込書を記入してエントリーします。補欠の権利が次年度へ繰り越されることはなく、優先順位が上がることもありません。

すでに他の場所に納骨されている遺骨を納骨したい場合

 都立霊園では、使用許可を受けた人(使用者)の親族(6親等以内の血族、配偶者、3親等以内の姻族)であれば、所定の手続きにしがたって遺骨を移動して納骨することができます。古い墓所に埋葬されている遺骨だと、当時の時代背景から土葬だった可能性もあります。土葬の場合は、取り出した遺骨を火葬してから納骨することになります。 ※遺骨を移動することを「改葬」と言います。改葬の手続きについてはこちらをご参照ください。

【関連リンク】
公営霊園を探す
お墓のご購入やお引っ越しご相談窓口

バックナンバー

一覧へ >