全国各地の違いも丸わかり 知っておきたいお盆の知識

日本人なら誰でもなじみ深い「お盆」。でもお盆の本当の意味やお盆のために準備するものって実は知っているようで知らないもの?
そこでお盆の基礎知識に加え、日本全国の様々なお盆の風習などについてご紹介いたします。

まずはおさえておきたいお盆の基礎知識

知っているようで知らないお盆の知識。まずはこれだけは知っておきたいというものをまとめてご紹介します。

お盆とは?

お盆とは、旧暦7月15日を中心に行われる先祖供養を中心に営まれる行事のこと。
仏教用語では盂蘭盆会(うらぼんえ)と言われていますが、この語源はサンスクリットのウランバナからきたものと言われています。

詳しく見る

お盆の時期はいつ?

お盆の時期は7月に行われる地域、8月に行われる地域、また旧暦どおりに行われる地域など主に3つの時期に分散されます。
都市部は明治以降、新暦採用に合わせて7月に行われていますが、日本全国を見渡せば月遅れの「八月盆」がほとんどです。

詳しく見る

お盆の準備、何をすればいい?

盆月に入ったら「盆棚」「精霊棚」といわれる棚を準備し、盆提灯を組み立てて飾ります。「盆棚」の設置場所は一般的には仏壇の前あたり。まこも(イネ科の水草)で編んだものを敷き、その上に仏具と位牌と季節の果物などを置きます。

詳しく見る

お盆の過ごし方は?

お盆は地域によって時期も違えば、迎え方や過ごし方も違います。一般的には13日の「迎え盆」では、迎え火をしてご先祖をお迎えし、15日に先祖供養をして、16日に送り火を焚いて「送り盆」をするというのがお盆の行事の流れです。

詳しく見る

新盆は迎え方が違う?

亡くなって1年以内の仏様をお迎えするお盆は「新盆」(にいぼん・しんぼん)などと言われ、通常のお盆とは違うお祀りをする習慣が全国でみられます。一昔前までは、新仏の霊と先祖の霊をお祀りする場所を区別するケースが多かったようです。

詳しく見る

現地でこまらない正しいお墓参りの仕方

お盆といえばやっぱりお墓参り。お墓参りにも作法があります。ここでは一般的なお墓参りの作法について図解でご紹介いたします。

STEP1 ご本尊に一礼
霊園・墓地に入る前に、寺院のご本尊に一礼します。
STEP2 手桶に水を用意
手桶に水を汲み、墓所に向かいます。
STEP3 お墓の掃除
お墓に手を合わせ、墓石と区画内の掃除をします。
STEP4 お供え
お花や供物のお供えをします。
STEP5 お参り
線香を焚き、お墓参りをします。
STEP6 後片付け
供物はすべて持ち帰って、皆で分けていただきます。

お墓参りの際の持ち物などもチェック

地域によってこんなに違う?!みんなのお盆事情

お盆事情は地域によってかなり差が出るもの。そこで「@nifty何でも調査団」と連携して行った、全国各地におけるお盆に関するアンケート調査の結果をご紹介します。(アンケート実施日時:2014年7月2日~2014年7月6日/有効回答数:2,739件)

毎年、お盆の時期は田舎に帰りますか?

「帰る必要がない/田舎がない方」が全体の53%。田舎がある方は、「毎年帰省する方が多い」結果に

お盆といえば帰省。そこで、「お盆は田舎に帰りますか?」という質問を行ってみたところ、総計では「帰る必要がない/田舎がない」と答えた方が最多数という結果に。近年の少子高齢化も関係しているのでしょうか。

次いで多かったのが「毎年帰る」で16%。毎年お盆シーズンは帰省ラッシュとなりますが、今回の調査でも田舎がある方は、やはりお盆には故郷に帰る方が多いという結果になりました。(グラフはクリックで拡大)

お盆にお墓参りをしますか?

全体の半数近くが「お盆には毎年お墓参りをする」と回答

お盆にすることといえば、まず思いつくのは「お墓参り」ではないでしょうか。今回の調査でも、「時々する」と答えた方を含めると全体の7割弱の方がお盆にはお墓参りをすると回答しています。

ご先祖様を大切に供養する気持ちは昔から変わらず、今も脈々と日本人の心に息づいているようです。(グラフはクリックで拡大)

あなたがお盆を迎える場所の、お盆の時期について教えてください

8月に行う地域が大多数。7月は約15%、旧暦通りに行う地域は少数

そもそも「お盆」とはいつを指すもの?というわけでお盆の時期を聞いてみたところ、各地によって差があるという結果に。
最も多かった「8月に行う」と答えた方は、全体の7割と大多数を占めたのに対し、次いで多い「7月に行う」方は全体の約15%に留まりました。こう見ると圧倒的多数の方々が八月盆を迎えていらっしゃるようです。なお、7月に行うと回答した方は主に東京都、神奈川県横浜市などに多く見られました。
日にちとしては、7月、8月のいずれも、13日~16日の間で行われることが多い模様。ちなみに、このように時期にバラツキが出る理由は「お盆の時期」のコラムで解説しています。
お盆を迎える時期は地域だけでなく宗旨・宗派などによっても異なってくるようです。そこで、全国各地の皆さんの声をピックアップしてご紹介していきます。

 
東北地方

青森県十和田市 30代男性

青森県では8月がお盆の時期ですが、東京では7月と聞いて驚きました。

 
関東地方

群馬県富岡市 40代男性

うちは寺院系ではなく神道系のため、時期が7月ではなく8月です。

東京都江戸川区 50代男性

8月13日~16日に迎えますが、周りには7月13日~16日の家もあります。

東京都府中市 60代男性

東京の多摩地方は7月31日~8月2日。

         
東海地方

愛知県知多市 40代女性

お盆よりもお盆前(8月1日頃~12日頃)のお施餓鬼の方が親戚が集まったりして一般的な(全国的な?)お盆のような雰囲気です。

 
関西地方

京都府京都市 50代男性

大文字の送り火の頃。

和歌山県西牟婁郡 50代男性

8月10日~夜に松明を焚いてご先祖様を迎える。(迎え火)

 
九州地方

熊本県熊本市 50代男性

母の実家は7月の盆。父方の実家は8月の盆。ということで、我が家は隔年で、7月の盆、8月の盆を過ごしました。あぁ、疲れる。

盆棚(精霊棚)にお供えするものについて教えてください

お盆の風物詩「ナスの牛とキュウリの馬」は第三位。一番お供えされているものは「果物」

お盆にはお供え物をするのが慣習。そこで全国各地でどのようなお供え物をしているかを聞いてみたところ、総計では、「果物」が最も多く34%となりました。次いで「何も供えない」が28%と続きます。

お盆の風物詩ともいえる、「ナスの牛とキュウリの馬」をお供えすると回答したのは全体の24%。地域別で見てみると、特に東日本で多くお供えされている傾向にあるようです。

また、東北地方ではほかのエリアに比べてたくさんの種類のお供え物がされている傾向が見られる結果に。

その他、「お盆の時期の飾り物とその言い伝え」について、皆さんからいただいたエピソードについていくつかご紹介します。

 
北海道

北海道札幌市 50代女性

きゅうりの馬と茄子の牛、それに加えてさつまいもの馬?牛?(とりあえずつまようじで足を付ける)もお供えしますが、その年によってしたりしなかったり。盆提灯、盆菓子は必ずですが、お寺のお坊さんが来てくれてお参りをしてくれたら必ず色々な文字の描かれた赤や緑、黄色、紫、白の紙のひらひらしているものが仏壇に飾られます。そういえば、なんという名前なのかな?今年、聞いてみたいと思います。

 
東北地方

秋田県 50代女性

初盆の時は藁の馬を飾り、家の敷地には灯篭を立てる。(新盆を迎える故人が迷わぬように灯篭の灯りを目指しながら、馬に乗ってくると教えられた)

宮城県柴田郡 60代女性

昔は、仏壇に季節の野菜(ナス、キュウリ)を糸で通し、笹竹を支柱にして竹を這わせ、それにぶら下げた。言い伝えは聞いていないが、子供心にも季節の物を飾る物だと思っていた。

 
関東地方

群馬県前橋市 60代女性

子どもの頃は客間に特別な盆棚を作り、ナスの牛ときゅうりの馬、それにはトウモロコシの毛束がしっぽとしてついていた。お盆が終わると近くの川に流していた。また来年来てくれるようにと願って。今では考えられないが自然の物なので川を汚したりはしなかったのかもしれない。迎え盆は、私の生家は古い家だったからか、家族でお墓に行き、石塔などは親戚の分まで掃除して花をいけていた。送り盆は前記のようにして送っていた。盆棚は新鮮な井草の香りがすがすがしくて立派なものだった。そして子供達の楽しみは夜になると町内ごとに提灯を持って練り歩くこと。「盆だ盆だ提灯だ、盆が提灯が消えたらおしまいだ」・・・などと言いながら。懐かしい思い出です。

 
北陸・甲信越地方

石川県金沢市 50代女性

紙で作った板キリコというものの中にろうそくを灯してつるします。最近では形状が違う板だけのキリコが主流になりました。

福井県勝山市 40代男性

お墓に飾る簡素な盆提灯を町の表具屋が作り、それを地元の小学生が各家庭に売りに回ります。売った数によっておこづかいがもらえるので、私も子供のころに友達と売りに回りました。

 
東海地方

愛知県知多市 50代女性

お盆よりもお盆前(8月1日頃~12日頃)のお施餓鬼の方が親戚が集まったりして一般的な(全国的な?)お盆のような雰囲気です。あと、新しい仏様(1年以内?)は「しんしょろさん(新精霊さん?)」と言ってお寺では他のご先祖様とは別にお経を上げてもらいます。また「しんしょろさん」のある家はお盆の回転提灯?(吊すのではなく床に設置するタイプ)も仏壇の前に出します。

岐阜県郡上市 50代男性

お盆の日(8月16日)の夜中に外を見上げると橙(亡くなって長い)青色(亡くなって短い)黄色(今年)の光がそれぞれの家に帰る光跡を見ることができる。子供心の純真な目でしか見えないそうですがね。幼少の頃見たことがある。

 
関西地方

大阪府 60代男性

今はなにもしないけれど、昔はお精来(しょうらい)さんといって母が仏壇にズイキの鱠や素麺などを供えていました。

 
中国・四国地方

広島県世羅町 30代女性

迎え火をお墓から線香で、送り火は逆。なので、線香を常につけている状態。最近は夜は消すようにしているけど、昔は夜中つけていた。お盆の間は、提灯を軒下に下げる。お供え物は通常と変わらない。

 
九州地方

長崎県対馬市 40代男性

対馬にはお施餓鬼という風習があります(おそらく全国区でしょうが)。ところてん(これを鏡とします)と、ちいさなお膳をお供えし、これには一切手をつけないのが慣わしです。ご先祖が「餓鬼」のうちまともなのを連れてきて何かを食べさせる、ということだそうです。

お盆の迎え方・過ごし方について教えてください

全国共通して行われるのは「お墓参り」。一方、行う家がだんだんと少なくなっている風習も・・・

お盆を迎えるにあたり行うことを聞いてみたところ、全国共通して行われるのは「お墓参り」や「お墓の掃除」という結果に。今回の調査ではいずれも50%以上の方がしているというデータが得られました。

一方で、かつては多くの家で行われていたと考えられる迎え火(ご先祖を迎え入れるためにたく火のこと)や送り火(ご先祖を現世からあの世に送り出す時にたく火)といった行事は全体の20%強が行っていると答える結果になりました。都市圏などでは昨今の住宅事情などから、行うことが難しくなっている現状もあるようです。

その他、「お盆の迎え方」について、エピソードやほかの地域と異なる風習・行事など、皆さんからいただいた回答をいくつかご紹介いたします。

 
北海道

北海道 札幌市 60代女性

私が今住んでいるところでは、お盆の始めに夕方提灯をもって墓場までお迎えに行く風習があります。

 
東北地方

宮城県登米市 50代女性

迎え火を焚いてお迎えしても、お盆期間はとにかく毎日お墓参りに行く。自分の家のお墓は毎日、親戚・ご近所・知人の家のお墓参りを三日間ぐらいに分けてする。そんなわけで、お盆期間のお墓は人がいっぱいでとてもにぎやか。

福島県いわき市 30代男性

いわきでは「じゃんがら踊り」というものがあり、その年に亡くなった方がいる家に、お盆の時期に浴衣などの衣装、太鼓と鉦を持った踊り手の方達に来ていただいて、踊ってもらって供養するというものがあります。

 
関東地方

千葉県いすみ市 60代男性

小学生の頃は近所の家を回ってロウソクをもらってました。「ロウソク出せ出せよー! 出さないとかっちゃくぞー!」そんなかけ声をかけていましたね。

茨城県潮来市 40代男性

私ではなく嫁さんの実家ですが、昔はお盆の最終日に藁で船を作り、船にお供え物を乗せて湖に流したそうです。そして船が沈むまでみんなで見送ったそうです。今は湖が汚れるので禁止になったそうです。

神奈川県横浜市 60代女性

自宅では迎え火、送り火をしていましたが、団地に引っ越してきてからはできなくなりましたのでお線香をあげるだけです。

 
北陸・甲信越地方

新潟県佐渡市 70代男性

「仏様流し」(佐渡の中でも一部と思われる)を行います。

長野県松本市 50代男性

迎え火として、「カンバ」を玄関の前で焚く。カンバとは、白樺の皮。油があり、黒い煙を出してよく燃える。

 
東海地方

静岡県袋井市 60代男性

町内の子供たちが念仏をうたいに各家に回る。

岐阜県高山市 40代女性

田舎でのお盆は遠い親戚もいるので、必ず大宴会になります。お酒やお寿司に天ぷら、子供達にはスイカと大きなケーキそしてクライマックスは花火大会!家の親戚だけだと思いますが・・・田舎のお盆は楽しかった。

 
関西地方

和歌山県岩出市 50代男性

田舎の地元で1年ごとに地元の神様が宿る家が交代していくという風習があり、神様が新たに宿る家には明治時代まで、近所の人が泊まり込みで1週間以上ドンチャカ騒ぎを行い、資金が底をついて夜逃げした家もあったらしい。

 
中国・四国地方

広島県広島市 40代男性

広島市周辺は、宗派に関係なく、お盆のお墓参りの際、五色の盆灯籠を立てる。初盆の時は白色の盆灯籠を立てる。

 
九州地方

福岡県福岡市 50代男性

福岡では家族ごとの墓のある人も多いのですが、納骨堂を利用する人も多いです。納骨堂の場合、お盆にやるのはお参りだけで、お墓の場合のように自分の区画(納骨ロッカー(?))を掃除したり、その前で飲み食いしたりはしないので、墓参を前提に描いているイメージとはかなり異なると思います。

長崎県五島市 60代男性

「精霊流し」を行いますが、長崎の精霊流しはお墓で花火を打ち上げたり、精霊船の送りも大変賑やかです。さだまさしが歌う「精霊流し」のイメージとはまったく違います。

大分県西部地方 40代女性

私が今住んでいる地域限定かも知れませんが・・・7月と8月のお盆の前後に「盆供」と印刷された不祝儀袋が普通にスーパーやホームセンター等で売られています。この袋にお香典の様にお金を包んで新盆のお宅へ届け(伺い)ます。

お盆の時期に、お盆だから食べるものについて教えてください

「特にお盆だから、と食べるものはない」が大多数。特別なものは「おはぎ」「そうめん」「天ぷら」が上位に

総計では、76%の方が「特にお盆だから、と食べるものはない」と回答した結果となりました。

一方、特別に食べるものがあると回答した方の結果を見ると、地域ごとにかなり違いが表れる模様。最もよく食べられているものは、関東や北海道、九州では「おはぎ」だったのに対し、北陸・甲信越では「天ぷら」東北では「煮しめ」といった結果となりました。その他の地方では「そうめん」がよく食べられているようです。

他、皆さんからいただいた「お盆に食べるもの」についてのエピソードや、ほかの地域と異なることなどをいくつかご紹介いたします。

 
北海道

北海道長沼町 50代女性

北海道では夕張メロンの時期にあたり、これを食べる機会が多い。半分に割って大きなスプーンで豪快にいただく。

北海道函館市 30代女性

夏なので、「とうきび」がゆでてあったりする。赤飯は甘納豆です。(小豆の甘納豆だったり、金時豆の甘納豆だったり)

 
東北地方

秋田県秋田市 50代男性

秋田県の北部はお盆に行くと、枝豆、トウモロコシが出されるが、南部ではスイカが出される。

宮城県柴田郡 60代女性

「おくずかけ」を食べます。根菜類や、豆腐、椎茸を煮て、葛でとろみをつけた具だくさんの汁物です。

 
関東地方

千葉県山武市 60代男性

昔は昼間から赤貝やナガラミ(巻貝の一種)やイワシのゴマ漬けがなどが大皿に豊富に盛られ、魚介類を肴によく酒盛りをして楽しかった。

東京都台東区 50代女性

ぼたもち!母のお手製で大人気。親戚や親しい人に配るので大量に作ります。こしあん、つぶあん、すりごまなど。

 
北陸・甲信越地方

長野県上田市 50代男性

やっぱり「天ぷら」が定番ですかね。天ぷらが並ぶと「あ~ぁ、お盆だな~」って思います。

 
東海地方

岐阜県岐阜市 40代男性

「みょうがぼち」というおまんじゅうを食べる。

 
関西地方

兵庫県神戸市 50代女性

母がいつも「お迎え団子」を作っていたのを継承しています。最近はそのお下がりの白玉をかき氷に入れ、餡と抹茶シロップも手作りして、練乳をかけてミルク宇治金時を楽しんでいます。

 
中国・四国地方

山口県萩市 50代女性

子供の頃は母方の田舎でお盆を迎えていました。農家だったので台所は土間で大きなかまどがあって、大釜で「白玉団子」をゆでて仏様にお供えしたり、みんなで食べたりしていました。お団子を丸めるのも楽しみでしたが、一度従姉妹たちでハート型や星形のお団子を作ったら、祖母にすごくしかられました。仏様にお供えするものなので遊び事ではないと言われて。今は祖父母も亡くなり、田舎の家は無人になっているので行くこともないのですが、お盆のお団子を作るたびに思い出します。

鳥取県八頭郡 40代男性

「シイラ」という魚を一本丸ごといろいろな調理法で食す。

 
九州地方

福岡県宗像市 40代男性

「ところてん」は必ずいただきます。鏡だそうでして、お供えもしますし、必ず出ます。

鹿児島県鹿児島市 40代女性

お盆に田舎の親戚の家に行くと、「かからん葉」に包まれた「かからん団子」や「されんの葉」に包まれた「されん団子」を食べました。独特の香りがして不思議な感じでした。これらがお盆の食べ物なのか、年中食べる物なのか、その辺はよくわからないです。5月の節句の時には、柏餅ではなく「かからん団子」を食べると聞いた記憶がありますので、何か行事があると食べるものなのかもしれません。

お盆の時期、お墓について考えてみませんか?

家族が集まるお盆の時期は、お墓について考えるのに最適な時期。「暮らしづくり 終活」では、様々なコラムやお問い合わせ窓口であなたのお墓探しをサポートします。
新しくお墓を建てたい方はもちろん、今あるお墓を引っ越ししたい方まで、納得のいくお墓探しのために「暮らしづくり 終活」をご活用ください。

  • お墓を新しく建てたい方へ

    エリアや様々なこだわり条件などを指定して、お探しの条件に合うお墓を簡単一括検索。資料請求やお問い合わせなどがすべて無料で行えます。
    対応をお願いしたい石材店を選ぶことができるのも、「暮らしづくり 終活」ならではの特徴です。

    「暮らしづくり 終活」お墓探しトップへ

  • お墓の引っ越しやリフォームを検討されている方へ

    お墓って引っ越しできるの?
    実は可能です。そんな疑問に答えるコラムから、引っ越しやリフォームの具体的なご相談先まで、今お持ちのお墓の悩みに答える情報をご紹介しています。今のお墓のあり方を、親族が集まるこの機会にもう一度考えてみませんか?

    お墓の引っ越し、リフォームのページへ