墓地・墓石について: さまざまなお墓のタイプ。納得のいくお墓探しをサポートする霊園・墓地情報サイト「暮らしづくり 終活:お墓」

さまざまなお墓のタイプ

家墓
先祖代々のお墓。子孫が受け継いでいく従来型のお墓。墓碑銘は「○○家」「○○家代々の墓」のほか、「南無阿弥陀仏」など名号が刻まれる場合もある。

個人墓
個人が入るお墓。個人の人柄を彷彿させる個性的な形や墓碑銘にする人も多い。

両家墓
2家族を祀ったお墓。一人っ子同士の結婚、長男長女同士の結婚などにより建てられるケースが多い。墓石には両家の姓を刻むこともありますが、最近では「愛」「絆」などとすることが多い。

永代供養墓
寺院や墓地管理者が永代にわたって供養するという意味の墓で、承継を前提とせず、供養・管理は寺院や墓地管理者で行います。遺骨は個別に骨壷に納めて納骨するケースと、他人と一緒に納めるケースがあります。

夫婦墓
夫婦が2人で入るお墓。承継者がいないことが前提で入るため、永代供養墓にすることが多い。

共同墓
お墓の名義が個人ではなく企業や団体、NPO法人。墓地に対する考え方を同じくした人たちが入るお墓。