さまざまな埋葬・葬送のかたち: 本山納骨。納得のいくお墓探しをサポートする霊園・墓地情報サイト「暮らしづくり 終活:お墓」

本山納骨

本山納骨とは

本山納骨は古くから行われている納骨方法です。
各宗派の本山に遺骨を分骨して納めることです。宗祖ゆかりの地の納骨堂・永代供養墓は、常の多くの人の参拝がありとても賑やか。近年は分骨ではなくすべての遺骨を納める人も増えています。

本来は「遺骨の一部を本山に納骨する」という分骨が目的だったため、お墓の代わりとして安易に考えるのはおすすめできません。本山納骨は合祀型(合葬墓)が多いため、一度納骨すると遺骨の返還や分骨ができないこともあるので注意が必要です。

費用

宗派の本山や遺骨の分量によって異なりますが、通常は2万円~20万円。
信徒であることの確認書類などが必要になることもありますが、申し込みがあれば意思を尊重して受け付けることも多いようです。基本的に年間管理料や寄付など必要ありませんが、合祀型(合葬墓)の場合は遺骨の返還や分骨をしてもらうことはできません。