さまざまな埋葬・葬送のかたち: 各供養形態のメリット・注意点。納得のいくお墓探しをサポートする霊園・墓地情報サイト「暮らしづくり 終活:お墓」

各供養形態のメリット・注意点

各供養形態のメリット・注意点

■石のお墓

メリット
・日本古来のお墓として認識されている
・承継する家族や親族も代々使用できる
・建てることができる霊園や寺院が豊富にある
・墓石の色や種類、形が豊富で好みに合わせて建てることができる

注意点
・建墓に費用がかかる
・管理費が必要
・承継者が必要


■納骨堂
メリット
・価格が安め
・(プランによって)永代の利用が可能
・承継者が不要
・比較的交通の便の良い場所にあることが多い

注意点
・使用期間が決められている
・使用期間を過ぎた後は、合同で埋葬(埋蔵・収蔵)になる場合もある
・(プランによって)管理費が必要


■永代供養墓(合葬墓)

メリット
・価格が安い
・永代に渡って管理してもらえる
・承継者が不要
・合同で追悼儀礼を行ってもらえる

注意点
・合同で埋葬(埋蔵・収蔵)になる場合がほとんど
・遺骨の取り出し、改葬ができないケースが多い


■樹木葬

メリット
・承継者が不要
・緑や自然に還れる
・価格が安め
(プランによって)永代の利用が可能

注意点
・都市部に少なく希望の条件に合う場所が見つからない場合がある
・(場所によっては)合同で埋葬になる場合もある
・(プランによって)管理費が必要
・遺骨の取り出し、改葬ができないケースが多い