納骨と追悼儀礼: 神道式・キリスト教式の納骨。納得のいくお墓探しをサポートする霊園・墓地情報サイト「暮らしづくり 終活:お墓」

神道式・キリスト教式の納骨

神道式の納骨

神道では仏教の法要にあたる「埋葬祭」「納骨際」が行われます。
「神饌物」(お供え物)は、「常饌」(米、塩、水、酒)と、その他故人が好んでいたものを準備します。三宝、瓶子、水器といった神具や玉串の準備については、あらかじめ神社に確認しておきましょう。
地域によっては、お墓のまわりに青竹をつかった「忌み竹」を立て、注連縄を張りめぐらすこともあります。

神職へのお礼は「御祭祀料」としてお包みします。

キリスト教の納骨

キリスト教では「埋葬式」「納骨式」といわれる儀式が行われます。
カトリックでは新譜が、プロテスタントでは牧師が立ち会い、祈りのあと聖歌(讃美歌)を歌い、聖書朗読を行います。献花が行われることもあります。

神父や牧師へのお礼は「御礼」としてお包みします。