納骨と追悼儀礼: お盆の時期。納得のいくお墓探しをサポートする霊園・墓地情報サイト「暮らしづくり 終活:お墓」

お盆の時期

お盆の時期

現在日本では、お盆の時期は7月に行われる地域、8月に行われる地域、また旧暦どおりに行われる地域など主に3つの時期に分散されます。 都市部は明治以降、新暦採用に合わせて7月に行われていますが、日本全国を見渡せば月遅れの「八月盆」がほとんど。人が集まりやすい時期であること、農作業が一段落している時期であることなどが関係していると言われています。一方沖縄は暦に忠実で「旧暦盆」が行われています。

そもそもお盆が旧暦の7月15日を中心に行われるようになったのは、中国の三元説に由来するとか。三元説とは、旧暦の1月15西(上元)、7月15日(中元)、10月15日(下元)のことで、このお祝い行事が日本に伝わり、祖先の霊を祀る行事と重なって、次第に定着してきたといわれています。

お盆の初日は一般的に13日が多くその日を「盆入り」と呼んでいますが、今でも昔ながらのお盆の慣習を受け継いでいる地域などでは、7月1日、7月7日を盆入りとし、1か月近くをお盆期間として過ごしています。

【お盆特集】
全国各地の違いも丸わかり「知っておきたいお盆の知識」

【関連リンク】
お盆とは
お盆の準備
お盆の過ごし方
新盆の準備と過ごし方