納骨と追悼儀礼: お墓参りの作法・マナー。納得のいくお墓探しをサポートする霊園・墓地情報サイト「暮らしづくり 終活:お墓」

お墓参りの作法・マナー

お墓参りの手順

お墓参りは以下のような流れで行います。

1)霊園・墓地に入る前に、寺院のご本尊に一礼します。
寺院境内墓地の場合は、寺院の本尊に一礼します。

2)手桶に水を汲み、墓所に向かいます。
手桶は貸してもられる霊園・墓地が多いようです。

3)お墓の掃除をします。
お墓に手を合わせ、墓石と区画内の掃除をします。

4)お供えをします。
お花や供物のお供えをします。墓石にお酒をかける人をみかけますが、墓石が変色したりカビが生えやすくなるのでおすすめしません。

5)線香を焚き、お墓参りをします。
墓前法要をする際は、立ったままのお墓参りとなりますので、足腰の弱い方がいる場合は、事前に簡易椅子を準備しておくと良いでしょう。

6)後片付け
供物はすべて持ち帰って、皆で分けていただきます。

お墓参りグッズ

お墓参りの際、以下のようなものを持参するとよいでしょう。

・お線香
 香りにこだわって選んでみてはいかがでしょう?
・ロウソク
 ロウソク立てが設置されていない墓所もあります
・お供え物(花、お菓子など)
 お供え物を置く半紙や紙皿があると便利です。
・マッチ ライター
 点火用として。風除けライターがあると便利です。

神道のお墓参り

神道では、霊祭や式年祭のほか、仏教と同様お盆やお彼岸などにお墓参りをします。

墓前には「水」「米」「塩」「御神酒」のほか、故人が生前好んだ食べ物をお供えすると良いでしょう。
一般的には花の代わりに榊(さかき)をお供えしますが、地域や慣習によっても異なり、最近はお花をお供えする墓所も増えています。

キリスト教のお墓参り

キリスト教では、お墓参りの作法について特別な決まりごとはありません。
お花をお供えして手を合わせてお祈りしましょう。

【関連リンク】
全国各地の違いも丸わかり「知っておきたいお盆の知識」