お墓の改葬(引越)に関するQ&A。お墓の引っ越し(改葬)やリフォームのご相談受付中。「暮らしづくり 終活:お墓」

お墓の改葬(引越)に関するQ&A

新しい墓地に、昔の墓地にあった墓石を使用することはできる?

Q:新しい墓地を購入したのですが、できれば墓石は以前に使用していたものを運んで使いたいと思っています。墓石の持ち込みは可能なのでしょうか?

A:墓地には、それぞれ墓石の工事規定などがあり、また区画の大きさの違いもあって、持ち込みができないところが多いようです。しかし墓石の持ち込み可としている墓地・霊園もあります。

ただし、墓石持ち込みをしたからといって、必ずしも安くあがるとは限りません。基礎工事費のほか、運搬費や設置費などが別途にかかりトータル金額でみると新規で建てたほうが安くあがったというケースも多々あります。

離檀料を請求された

Q:実家も菩提寺も遠方にあり、なかなかお墓参りに行けないため、今住んでいる住居の近くにお墓を建てました。
実家に行った際に「お墓を移したいので遺骨を取り出したい」と申し出たところ、寺院との関係がこじれ、離檀料として100万円請求されました。


A:こういった改葬に際して、菩提寺との関係がこじれる最大の原因は何の相談もなしに一方的に改葬の手続きを進めてしいまったために生じるケースが多いようです。
特に長い間、菩提寺と檀家という関係が成り立っていた家だと、先祖代々からの強い結びつきがあります。いきなり事後報告のような形で話を切り出されると、「お墓を守ってきた」寺院は面目を失い、その結果「多額の離檀料を請求」といった事態になってしまうのです。

離檀料は、あくまでこれまでのお礼という意味ですから、数万円~15万円ほど。法律で決まっているものではありませんので、拒否しても改葬はできますが、手続きはできればスムーズに終えたいもの。改葬を考えた時点で、まずは「相談する」ことから始め、途中経過などを報告しつつ円満に離壇できるように話を進めていきましょう。

分骨すると成仏できない?

Q:親の遺骨を兄弟で分骨しました。すると親戚から「分骨すると体が分かれて成仏できない」と否定されてしまいました。分骨は良くないことなのでしょうか?

A:遺骨についての考え方は、人によって、また習俗によって異なりますが、お釈迦様の遺骨が世界中に分骨されているように、仏教では分骨は昔から広く行われている弔いのひとつです。現代でも本山納骨といって、遺骨の一部を各宗派の本山に納骨する葬送方法が一般的に行われています。

お墓の引っ越しやリフォームについての具体的なご相談はこちらから

提携石材店がお墓の引っ越しやリフォームについてのご相談を承ります。
相談したい石材店にチェックを入れ、引っ越し・リフォーム専用問い合わせを押してください。

  • 良福寺奥院 西方寺

  • 須藤石材株式会社

    須藤石材株式会社

    創業明治38年 須藤石材株式会社は、長年の経験と確かな実績で、お客様が心からご満足いただける霊園をご案内いたします。

  • 株式会社いせや

    株式会社いせや

    墓地を作るのではない。公園を作るという考え方。 人と自然がふれあえる本格的ガーデニング霊園のいせやです。

すべての石材店を候補リストに追加する

引っ越し・リフォーム専用問合せ

<ご注意>
できるだけ早くご回答申し上げますが、年末年始等また、内容によっては時間のかかる場合もございますので、ご了承下さい。
※同業者の方からのご相談はお断りさせて頂いております。